english
仁根顔 野間仁根の顔 
1937年 
藤田嗣治先生筆

     

文字
 洋画家 1901-1979




伊予大島 大島平野と吉海湾遠望
遠方には、大三島、大崎上島、大崎下島、その後方に中国山地が見えます。


野間仁根の生家は、「しまなみ海道」の四国、愛媛県今治市と来島水道をはさんで 対峙する大島(伊予大島)の 吉海湾の最奥部にあり、海岸に面して立地しています。

吉海湾は西方に開口しており、冬季は安芸灘から吹く西風を受けます。 屋敷の海に面する西側と北側の辺りに高さ1〜3m、幅3m程の両面を石積みの土塁をL字型 に150m程も回らしています。土塁の上には植林して防風林としています。 万一の高波のときの防波堤の役目もしています。

江戸時代初期は、大島湾は大島中央の山並みの裾あたりまで広がっていて、 現在の 5、6倍の広さを持ち、その大部分が干潟でしたが、江戸の元禄時代頃から、 その干潟が徐々に埋め立てられ、現状のようになりました。

敷地は、湾内の埋立地でなく、もともと吉海湾の中にあった小島の上部をならした土地であり、 そのため、地盤が強固で家屋は200年たった現在も母屋の建屋は、ゆるんでいません。

この家屋は天保4年(1833年)に今治城下の棟梁越智多右衛門により建築されました。
建造時から長い年月が経つので、壊れたところをそのつど修理し続けてきたわけですが、 修理の度に現状を変更することなく補修してきたので、建造時の形態が 維持されており、江戸後期の建築様式をそのまま残しています。

大島は御影石を産し、これを家屋の土台石、たたきの石、庭石等々ふんだんに使用しています。



この屋敷は、いくつかの文献で紹介されています。

[瀬戸内海 島めぐり(とんぼの本)] 新潮社  緑川洋一 岡谷公二 古茂田不二 著 より抜粋

『伯方島には、この能島村上氏の菩提寺禅興寺があって、楠の巨木の下に村上雅房の墓があり、 伊予大島吉海の高竜寺には村上義弘の墓がある。

ついでに、吉海町で見た、角浜邸とよばれる旧家の屋敷について一言しておきたい。 瀬戸内には、この種の屋敷が比較的よく残っているが、洋画家故野間仁根氏の実家である この屋敷は、規模といい、品格の高さといい、庭に茂る赤松の美しさといい、随一のものと 思われた』


[民家ロマンチック街道-伊予路] 井上書院 犬伏武彦 著 より抜粋

『主屋は堂々とした本玄関がとられ、そこから入ると、部屋の境の襖や板戸がないだけに とてつもなく広い大空間が目に入る。 それはとうてい庶民の家ではない。 よくこんなものがいままで残っていたものだ。 文化財としての価値、それに西瀬戸大橋がかかったときの観光資源としてはかりしれない。

敷地は島遍路の道、大街道に面し、前面に一間の堀がとられ、一段高くなった場所にある。 門に隣り合って倉が建っている。

豪壮な構えの民家である。主屋は本瓦葺き二層で、中央はすこしふくれている。 それは棟が長いので、水平では視覚によって中央が下がったように感じるからである。
南面して八畳の三室が並び、中央に仏間、おくには縁をめぐらし、床、書院の表座敷が配置されている。 そして土間に沿ったマエノマには二間もある大きな海運を祀る神棚がある。』